16トン

 アメリカでのチャート・インから3ヶ月遅れで、
テネシー・アーニー・フォードのユニークなヒット曲
「16トン」が日本のヒット・パレードにも登場してきた。
この「16トン」はキャピトル・レコードから発売された。

 キャピトル・レコードは
日本の真珠湾攻撃から6ヶ月ほど後の
1942年7月に創立している。
つまり第二次世界大戦中のことである。

 戦後、復興なったキング・レコードが
この新興のキャピトル・レコードと契約を結んだ。
しかし、1955年にキャピトル・レコードは
EMIの傘下に入り、
またこの年発足した東芝
(はじめは東芝音楽工業、後東芝EMI)が
EMIと契約したこともあって、
キャピトルの発売権は5年ほどで、
キングから東芝に移った。

 「16トン」は初回はキング・レコードが出している。
日本でのヒットはキング時代のキャピトル盤である。
SPレコード番号、Z-422、ドーナッツ盤、CEC-11。
by musicsfukuoka | 2006-02-14 15:52 | オールディーズ
<< 忘れ去られた名曲 シャンソン >>