リトル・ダーリン

 アメリカ・マーキュリー・レコードは
日本のタイヘイ・レコード(後、日本マーキュリー)との
販売契約を1957年に終了し、
キング・レコードと新たに契約した。
従ってキングからのマーキュリー・レコード発売は
1957年からである。
そのころはまだSP盤が主流だったが、
ビニールのドーナッツ盤が開発され、
急激に普及していった。
 マーキュリーのキングからの発売
11枚目となるM-11(SP)は
ダイアモンズの「リトル・ダーリン」だった。
SPの発売から1ヶ月遅れで
ドーナッツ盤も発売された。(MS-11)。
そして、7月にヒット・パレードに入ってきた。
キングからのマーキュリー盤、
最初のヒット・レコードとなった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2007-08-01 16:21 | 洋楽
<< 1957年8月3日付「ユア・ヒ... 1957年7月の出来事から >>