<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1958年2月の出来事から

1日
   アメリカの初の人工衛星、軌道に乗る
8日
   東京・日劇で第1回「ウェスタン・カーニヴァル」開催
22日
   NHK熊本・鹿児島開局
   (これで日本縦断網完成)
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-28 15:14 | 音楽

1978年2月19日付けランキング

「今週のベスト・テン」(東京放送)順位

1位 月影の渚
2位 クワイ河マーチ
3位 四月の恋
4位 エデンの東
5位 パパと踊ろうよ
6位 O.K.牧場の決闘
7位 監獄ロック
8位 リトル・ボーイ
9位 ダイアナ
10位 タミー
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-19 17:53

ティーン・エイジ美人

 「今週のベスト・テン」に「ティーン・エイジ美人」が入ってきた。
歌っているのはニック・トッド。
アメリカではヒットしなかったが、
「今週のベスト・テン」では小ヒットになった。
 ニック・トッドはパット・ブーンの実弟で、
「踊りに行こうよ」などのヒットを出した。
「ティーン・エイジ美人」は
マレーネ・ディートリッヒの
「ワインより甘いキッス」のB面で
発売されたが、見事ヒットとなった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-18 18:12 | 音楽

ダイアナ

 いよいよ登場。
日本のポップス黄金時代の
幕を切って落とした曲。
 エルヴィス・プレスリーの力強い、
荒々しいロックン・ロールと
パット・ブーンの優しく、
ソフトなポップスの中間をいくスタイルは、
たちまち若者の支持する音楽となっていった。
 ABCパラマウント・レコードの
日本発売が決まり、
その第1回発売がポール・アンカの
「ダイアナ」だった。
レコードはドーナツ盤とSP盤が発売された。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-12 18:49 | 音楽

パパと踊ろうよ

 シャンソンの「パパと踊ろうよ」が
ヒット・パレードに登場してきた。
アンドレ・クラヴォーが所属する
パテ・マルコニー・レコードの
総支配人の娘で、当時6才だった
カトリーヌを相手に歌い、本国、
フランスでも1956年から
57年にかけてヒットした。
原曲はCome, Pretty Little Girl という
アメリカの歌だが、ヒットはしていない。
 なお「パパと踊ろうよ」は
「ユア・ヒット・パレード」に登場する1ヶ月前に
東京放送の「今週のベスト・テン」に登場し、
最高2位まで上がる大ヒットになった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-10 17:11 | 音楽

愛情の花咲く樹

 エリザベス・テイラー、
モンゴメリー・クラフト主演の
映画「愛情の花咲く樹」の
主題歌が「ユア・ヒット・パレード」に登場。
作詞ポール・フランシス・ウェブスター、
作曲ジョニー・グリーンで、
サウンド・トラックで歌った
ナット・キング・コールの
レコードが発売された。
あまり大ヒットには至らなかった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-09 19:33 | 音楽

リトル・ボーイ

 ラルフ・マーテリー楽団の「リトル・ボーイ」が
1958年1月にヒット・パレードに入ってきた。
「リトル・ボーイ」は原題「ガリオーネ」で、
後にペレス・プラード楽団でヒットしている。
ラルフ・マーテリー盤は、
映画「1万人の寝室」の公開にあわせ、
同映画の主題曲にこの曲が使われたことで発売された。
アメリカではヒットしなかったが
日本でベスト・テンに入るヒットになった。
録音、及びアメリカでの発売は1956年。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-05 16:24 | 音楽