<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

1958年1月の出来事から

1日  東京通信工業、社名をソニーに変更
17日 米軍、羽田空港施設の返還を日本に通告
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-29 20:01 | 洋楽

クワイ河マーチ

 1957年12月の末に公開された
映画「戦場に架ける橋」のテーマ曲が、
ミッチ・ミラー楽団のカヴァー演奏で大ヒットになった。
 1958年4月にはエドムンド・ロス楽団の演奏による
同曲(エドムンド・ロス盤では
「カーネル・ボーギー」のタイトル)も発売され、
ヒット・パレードには登場しなかったが、
話題となり、エドムンド・ロス楽団の代表曲として親しまれている。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-28 15:33 | 音楽

四月の恋

 アメリカでは1957年に公開された
映画「四月の恋」に主演したパット・ブーンが歌った
同名のテーマ曲がヒット・パレードに登場した。
日本公開は1965年と遅れたが、
レコードの発売はアメリカ発売を受けたもの。
 ポール・フランシス・ウェブスター作詞、
サミー・フェイン作曲の楽曲は
1957年度アカデミー主題歌賞にノミネートされるほどに
評価を受けた。ヒットを記録したレコードは
ビリー・ヴォーン楽団が伴奏をつけた。
この録音の他に、映画のサウンド・トラック盤として、
ライオネル・ニューマン指揮の楽団の伴奏で
パット・ブーンが歌ったレコードが発売された。
サウンド・トラック盤にはパット・ブーンと
シャーリー・ジョーンズとのデュエットも収録されている。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-26 17:15 | 音楽

菩提樹

 1957年のクリスマス・イヴから公開された
オーストリア映画「菩提樹」のサウンド・トラック盤演奏が
ヒット・パレードに登場した。
後に「サウンド・オヴ・ミュージック」のモデルになった
トラップ・ファミリーを描いた作品。
 レコードはフィルムから直接録音した
キングのアンコール盤で発売された。
 後に映画のオリジナル・サウンド・トラック盤が
アルバムで発売された。 
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-24 16:47 | 音楽

 フェデリコ・フェリーニ監督の映画
「道」と「カビリアの夜」は共に
日本では1957年に公開されたが、
制作されたのは「道」が1954年、
「カビリアの夜」は1957年だった。
その間の1955年には「崖」が制作され、
これら3つの映画はいずれも
人間喜劇を描いた3部作のようなものだった。
このうち「崖」は1958年2月に日本で公開された。
「ユア・ヒット・パレード」では「道」も「カビリアの夜」も
音楽がヒットしていて、これら2作と同じ
作曲者のニーノ・ロータ作の音楽も当然ヒットが期待され、
映画公開前からヒット・パレードに登場した。
しかし、期待されたほどには大ヒットにはならなかった。
現在ではほとんど聴かれない。
 当時、ヨーロッパと日本は
著作権を巡って問題を抱えていたらしく、
ヨーロッパの音楽はすんなり発売されなかった。
「道」はアメリカのグループ、
スリー・サンズのカヴァー盤でヒット、
「カビリアの夜」はフィルムから直接録音した
日本独自のサウンド・トラック盤が発売された。
「崖」は日本ディスクから発売された
ジョリー・メンゴが「ユア・ヒット・パレード」では
クレジットされていた。
 「崖」はカム・レコードにオリジナル・サウンド・トラック盤があり、
CDの時代に日本盤でも発売されたことがある。
「道」と「カビリアの夜」はオリジナル・サウンド・トラック盤としては
単独ではアルバム化されたことはないと思う。
 ヨーロッパでは1992年に「道」と「カビリアの夜」の
(日本盤とおなじようにセリフも収録されている)フィルムから
直接録音されたものが 2 on 1 アルバムの
スタイルでCD発売されたことがある。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-17 16:46 | 音楽

サヨナラ

 1957年12月20日に公開された
映画「サヨナラ」のテーマは、
当時、多くのカヴァー・レコードが発売され、
話題になった。サウンド・トラック盤をはじめ、
エディ・フィッシャー、エイムス・ブラザーズ、
パーシー・フェイス楽団、アンリ・ルネ楽団など。
 主題歌はアーヴィング・バーリンが作曲、
映画のヒロイン、高美以子が歌ったものが最もヒットした。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-14 16:54 | 音楽

目撃者

  映画音楽に力を入れていた「ユア・ヒット・パレード」に
1957年12月に公開された「目撃者」のテーマ曲が入ってきた。
現在では全くといっていいほど聴かれることはないが、
1958年1月当時のヒット・パレードでは
ベスト・テン入りするヒット曲となった。
映画から直接録音されたサウンド・トラック盤がヒットした。
 作曲は「首輪のない犬」、「素直な悪女」などの
作曲でも知られるポール・ミスラキ。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-01-13 17:18 | 洋楽