「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1956年9月の出来事から

8日  ペレス・プラード楽団初来日
22日 トヨタ、大衆車の試作車第1号を発表
23日 日本フィルハーモニー交響楽団、初演奏会
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-09-30 16:23 | 洋楽

ドーナッツ・レコード

 1948年にアメリカ・コロムビアが
LPレコードを開発した。
1年遅れでアメリカ・ビクターが
EP盤を開発した。
ヒット曲を作るためには
EP盤が重要だった。
日本では3年遅れで
初めてLPレコードが発売された。
EP盤が日本で初めて
発売されたのは1954年だった。
日本コロムビアがまずは
4曲入り17cm45回転のEP盤を出した。
2ヶ月遅れで日本ビクターも
EP盤を出した。
その後半年遅れで
日本ビクターは2曲入りの
17cm45回転盤、
つまりドーナッツ盤を発売した。
コロムビアがドーナッツ盤の発売を始めたのは
2年後の1956年だった。
大手レコード会社がそろって発売をはじめた
1956年がドーナッツ時代の幕開けとなった。
日本コロムビアがドーナッツ盤を
はじめて出したのは1956年9月新譜からだった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-09-29 14:56 | 洋楽

シンシアのワルツ

 映画音楽全盛の時に、
映画音楽以外の曲が登場した。
とはいっても楽団演奏盤。
パーシー・フェイス楽団の
「シンシアのワルツ」。
 この曲は1956年7月新譜として
SP盤が発売された。
続いて9月新譜として、
新しく開発されたドーナッツ・シングル盤の
第1回新譜として発売された。
パーシー・フェイス楽団の
「シンシアのワルツ」は
コロムビア・レコードから出た。
コロムビアのSP盤は
メインのヒット盤シリーズは
L盤として発売されていた。
新しく発売されるドーナッツ・シングル盤は
L盤の精神を引き継ぐということで
LL盤という規格で発売された。
「シンシアのワルツ」は
その記念すべき第1回発売として
LL-1で出た。
ちなみにB面は
ラジオ番組「L盤アワー」のテーマ曲
「恋をして」だった。
 ところで「シンシアのワルツ」は
オーボエ・ソロをフィーチャーしているが、
このオーボエを演奏している人は
ミッチ・ミラーである。
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-09-17 15:16 | オールディーズ

巴里野郎

 1891年創業の世界でも有数の大電機メイカー、
オランダ・フィリップスは
1951年にレコード音楽部門をスタートさせた。
歴史こそ新しいものの、
その財力を使って貴重な音源なども確保した。
もちろん新しい録音も
トップ・スターと契約して積極的に行った。
そして1956年には
日本でもヒットが生まれている。
カトリーヌ・ソヴァージュが歌った「巴里野郎」。
これはシャンソン歌手としても知られる
レオ・フェレが書いた曲で、
1953年にカトリーヌ・ソヴァージュが
舞台で歌って大評判になった。
1955年にはこの歌をテーマに、
「フル・フル」のダニー・ロバン主演で映画が作られ、
カトリーヌ・ソヴァージュも出演、
この歌を歌った。
日本では映画は1956年の9月に封切られ、
これをきっかけにこの歌がヒットした。
 当時フィリップス・レコードの音源は
世界的にエピック・レーベルを通じて発売されており、
日本でも日本コロムビアから
エピック・レーベルで出ていた。
カトリーヌ・ソヴァージュの
「巴里野郎」もエピック・レーベルから出た。
現在はフィリップス・レーヘルで発売されている。
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-09-14 16:58 | オールディーズ

誇り高き男

 「捜索者」に続いて同じく
西部劇映画のテーマ曲
「誇り高き男」がヒット・パレードに登場。
 映画はロバート・ライアン、
ヴァージニア・メイヨ、ジェフリー・ハンター共演。
監督はロバート・D・ウェッブ。
音楽はライオネル・ニューマンが担当。
 最もヒットしたレコードは
スリー・サンズの演奏盤。
 大ヒットだけに競演盤も多く、
印象的な口笛をフィーチャーしたレコードとして、
口笛ジョーンズのソロを含んだ
ルロイ・ホルムス楽団、
口笛の名手フレッド・ロウリー、
ネルソン・リドル楽団の演奏が
ヒット・パレードを賑わせた。
 音楽を担当したライオネル・ニューマンが
楽団を率いて、口笛をフィーチャーして
演奏したサウンド・トラック盤も発売されたが、
その後復刻もされず、
入手できずに、貴重盤化している。
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-09-06 17:17 | オールディーズ

捜索者

 9月に入って西部劇映画のテーマがチャート・インしてきた。
その西部劇とはジョン・フォード監督が、
ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター、ナタリー・ウッドを起用して
撮った「捜索者」。
 主題歌はスタン・ジョーンズが書いて、
サンズ・オヴ・ザ・パイオニアーズ(ビクター)と
テックス・リッター(キャピトル)盤が競作となった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-09-05 15:21 | オールディーズ