カテゴリ:音楽( 176 )

渚にて

 1960年2月に公開された
映画「渚にて」のテーマ曲が
早くも12月に
「ユア・ヒット・パレード」に登場した。
映画のオリジナル・スコアは
アーネスト・ゴールドが書いたが、
スコアと共にオーストラリア民謡
「ワルティング・マティルダ」が
効果的に使われ、
これがこの映画を代表する曲として、
シングル盤が発売された。
映画には直接関係ないが、
ジミー・ロジャースが歌った
ヴァージョンがヒットした。
映画が公開されるころには
この曲はベスト3に食い込んでいた。
ジミー・ロジャースの
「渚にて」には録音が全く違う
ヴァージョンがあって、
同時期アメリカでヒットしたのは
マーチ・アレンジのヴァージョン、
これに対し、
日本では先にアルバムに録音していた
フォーク・ソング・タッチの
ヴァージョンが独自に
シングル・カットされた。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-12-14 15:57 | 音楽

ホワイト・クリスマス

 12月の定番、クリスマス・ソングが
1959年もヒット・パレードに登場した。
このころのクリスマス・ソングの
代表といえばアーヴィング・バーリンの
大傑作である「ホワイト・クリスマス」。
もともとはバーリンが書いた新しい曲に、
旧作も加えて構成したミュージカル
「スウィング・ホテル」で紹介された曲で、
このミュージカルは
ビング・クロスビー、フレッド・アステアを中心に
ボブ・クロスビー楽団などの出演で映画化され、
歌曲「ホワイト・クリスマス」は
1942年度のアカデミー主題歌賞を受賞した。
さらに1954年には、
この「ホワイト・クリスマス」を
メインにした同名映画が
ビング・クロスビー、
ダニー・ケイ主演で制作された。
アメリカでは1942年から
1952年を除き1962年まで毎年、
ビング・クロスビーの
「ホワイト・クリスマス」は
年末にはヒット・チャートに登場し、
1966年の時点で、
シングル盤だけで2500万枚のセールスが
報告されている。
このころまで日本でも
クリスマス・シーズンには
ラジオをはじめ、
必ずビング・クロスビーの唄が流れていたが、
1957年にパット・ブーンの
レコードが発売されると、
パット・ブーン人気にのり、
パット・ブーンの「ホワイト・クリスマス」が
ラジオのヒット・パレードに
登場するようになった。
パット・ブーン盤は
アメリカではチャートには
登場したことはない。
文化放送の「ユア・ヒット・パレード」では
1957年はエルヴイス・プレスリーで
登場したが、
1958年以後、
「今週のベスト・テン」では
1957年からパット・ブーンによる
「ホワイト・クリスマス」が
毎シーズン登場した。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-12-13 14:51 | 音楽

白銀は招くよ

 1956年の冬季オリンピックで、
当時無名に近かった
オーストリアの20才の
トニー・ザイラーが
滑降、回転、大回転の
3種目で優勝し、
アルペン競技では
初の三冠王になり、
世界中の話題をさらった。
若い上に、二枚目の
トニー・ザイラーを
映画界が放っておくはずもなく、
2年後スキーが出来る映画俳優として
スクリーンにデビューした。
「初恋物語」、「黒い稲妻」に続く
第3作が「白銀は招くよ」で、
日本でも12月に封切られた。
11月にはトニー・ザイラーが
タイトル・バックでスキーをしながら
歌う「白銀は招くよ」が
ヒット・パレードに入ってきた。
トニー・ザイラーにとっては
歌もこれが最大のヒットになった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-12-01 18:58 | 音楽

1959年11月の出来事から 

14日
  冬期オリンピック3種目制覇のトニー・ザイラー、
  俳優として来日(松竹映画「銀嶺の王者」)
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-28 15:59 | 音楽

モナ・リザ

 1950年に
ナット・キング・コールや
ヴィクター・ヤング楽団などでヒットした
「モナ・リザ」がこの年、
カール・マンと
コンウェイトゥイッティによって
ロックン・ロールに
アレンジされヒットした。
アメリカではまずカール盤が登場し、
1ヶ月半おくれて
コンウェイ盤が登場、
カール盤は25位まで、
コンウェイ盤は29位まで上がった。
日本では11月に
コンウェイ盤が
「ユア・ヒット・パレード」に登場した。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-27 14:50 | 音楽

枯葉

 シーズン・ソングというか、
季節の歌である「枯葉」が
ベスト・セラーに現れた。
この当時、広く親しまれた
イヴ・モンタンのレゴードの
売り上げが上がったわけだが、
このレコードはこの年に
発売されたものではない。
 過去に発売された
レコードの中には、
シーズンが来ると、
再びラジオなどでよく
かかるようになり、
それにつれてレコードも
売れるというのがあった。
レコードはカタログには
載っているが、
こうした季節商品は、
オフ・シーズンには
あまり売れないため、
レコード店にもほとんど
置いていない。しかし、
長年の経験で、
レコード会社は季節商品を、
在庫が少ない場合は
追加プレスを行って、
再プッシュすることもある。
「枯葉」も、この結果、
目出度く売り上げが
あがったというわけ。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-13 14:53 | 音楽

恋のおきて

 ラジオのヒット・パレードには
登場しなかったが、
来日公演を控えて、
その来日記念盤として発売された、
トリオ・ロス・パンチョスの
新録音によるアルバムからの
「恋のおきて」がベスト・セラーズの
11t月にチャートに登場した。
根強い人気があったことが分かる。
この曲は、最近は
「七色の恋」の題名で出ているが、
近年はほとんど聴かれなくなった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-11 19:33 | 音楽

匕首マッキー

 ボビー・ダーリンにとって
最大のヒットになった
「匕首マッキー」が日本でも
ヒット・パレードに登場した。
11月のことである。
アメリカでは9週間も1位を守り、
レコードもミリオン・セラーを
記録しているが、
日本では残念ながら
ベスト3入りは果たせなかった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-08 12:48 | 音楽

アメリカン・グラフィティ・イン・ジャパン (6)

アメリカン・グラフィティ・イン・ジャパン (6)

f0036053_1620101.jpg


f0036053_1625482.jpg

[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-04 16:40 | 音楽

聖者の行進

 映画「五つの銅貨」の中で
ダニー・ケイとルイ・アームストロングによって
歌われた「聖者の行進」も
11月に「五つの銅貨」より1週遅れで
「ユア・ヒット・パレード」に登場した。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-11-03 15:30 | 音楽