ダイアナ

 いよいよ登場。
日本のポップス黄金時代の
幕を切って落とした曲。
 エルヴィス・プレスリーの力強い、
荒々しいロックン・ロールと
パット・ブーンの優しく、
ソフトなポップスの中間をいくスタイルは、
たちまち若者の支持する音楽となっていった。
 ABCパラマウント・レコードの
日本発売が決まり、
その第1回発売がポール・アンカの
「ダイアナ」だった。
レコードはドーナツ盤とSP盤が発売された。
[PR]
by musicsfukuoka | 2008-02-12 18:49 | 音楽
<< ティーン・エイジ美人 パパと踊ろうよ >>