80日間世界一周

 1956年度アカデミー劇映画音楽賞を受賞した
ヴィクター・ヤング作曲の名曲。
 1956年度アカデミー賞授賞式は
1957年3月27日に行われた。
この年は「80日間世界一周」が作品賞を受賞したほか、
「王様と私」のユル・ブリンナーが主演男優賞、
「追想」のイングリッド・バーグマンが主演女優賞、
「ジャイアンツ」のジョージ・スティーヴンスが監督賞など
名作が名を連ね、受賞している。
そんな中でヴィクター・ヤングが音楽を担当した
「80日間世界一周」は
アルフレッド・ニューマンの「追想」、
ディミトリ・ティオムキンの「ジャイアンツ」などを
押さえて、堂々の受賞となったが、
実は作曲作品が決して少なくない
ヴィクター・ヤングにとって、
これが初めての受賞だった。
さらに、ヴィクター・ヤングは体調を壊していて、
授賞式の前年の1956年11月に亡くなっていた。
初めての受賞を知らないまま、
亡くなっていたのである。
授賞式では、「ジャイアンツ」で熱演していたにもかかわら
ずノミネートもされなかったエリザベス・テイラーが
ヴィクター・ヤングに代わって代理受賞した。
[PR]
by musicsfukuoka | 2007-12-10 17:23 | 音楽
<< カビリアの夜 1957年11月、12月の出来事から >>