ホワイト・スポーツ・コート

 この年10月に、
主にカントリー&ウェスタンの世界で活躍していた
マーティ・ロビンスが
「ホワイト・スポーツ・コート」をヒットさせた。
この曲はアメリカでも第2位まで上がるヒットになり、
レコードは100万枚以上売れた。
この曲以降アメリカでヒットした連続6曲のヒット曲は
すべてレイ・コニフ楽団が伴奏をつけたものである。
軽快で、センス溢れる伴奏は
マーティ・ロビンスの上手い語り口とマッチし、
1957年を代表するヒットの一つとなった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2007-12-07 15:48 | 洋楽
<< 監獄ロック 島の乙女 >>