モリタート

 1956年はじめにアメリカで
「モリタート」がヒットしたのを受けて、
日本でもレコードが発売され、
4月にヒット・パレードに登場し、
5月にヒットのピークを迎えた。
 アメリカでは最も大きなヒットとなった
ディック・ハイマンをはじめ、
リチャード・ヘイマン、ロウレンス・ウェルク、
ルイ・アームストロング、ビリー・ヴォーン、
レス・ポールがヒットしたが、
日本ではアメリカ同様、
ディック・ハイマンのレコードが
最も人気があったようだ。

 「モリタート」は1928年に
ドイツで初演されたミュージカル
「三文オペラ」のために、
ベルトルト・ブレヒトが作詞、
クルト・ワイルが作曲した名曲で、
1954年にはアメリカで上演され、
その時、マーク・ブリッツスタインが
「モリタート」に「マック・ザ・ナイフ」の
英語詞をつけた。
 多くのレコードが残されているが、
ブームになったのはこの1956年で、
最大のヒットが出たのは
1959年のボビー・ダーリンのレコードだった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2006-05-08 20:49 | オールディーズ
<< 黄金の腕 パティ・ペイジのこと(続き) >>