ホワイト・クリスマス

 12月の定番、クリスマス・ソングが
1959年もヒット・パレードに登場した。
このころのクリスマス・ソングの
代表といえばアーヴィング・バーリンの
大傑作である「ホワイト・クリスマス」。
もともとはバーリンが書いた新しい曲に、
旧作も加えて構成したミュージカル
「スウィング・ホテル」で紹介された曲で、
このミュージカルは
ビング・クロスビー、フレッド・アステアを中心に
ボブ・クロスビー楽団などの出演で映画化され、
歌曲「ホワイト・クリスマス」は
1942年度のアカデミー主題歌賞を受賞した。
さらに1954年には、
この「ホワイト・クリスマス」を
メインにした同名映画が
ビング・クロスビー、
ダニー・ケイ主演で制作された。
アメリカでは1942年から
1952年を除き1962年まで毎年、
ビング・クロスビーの
「ホワイト・クリスマス」は
年末にはヒット・チャートに登場し、
1966年の時点で、
シングル盤だけで2500万枚のセールスが
報告されている。
このころまで日本でも
クリスマス・シーズンには
ラジオをはじめ、
必ずビング・クロスビーの唄が流れていたが、
1957年にパット・ブーンの
レコードが発売されると、
パット・ブーン人気にのり、
パット・ブーンの「ホワイト・クリスマス」が
ラジオのヒット・パレードに
登場するようになった。
パット・ブーン盤は
アメリカではチャートには
登場したことはない。
文化放送の「ユア・ヒット・パレード」では
1957年はエルヴイス・プレスリーで
登場したが、
1958年以後、
「今週のベスト・テン」では
1957年からパット・ブーンによる
「ホワイト・クリスマス」が
毎シーズン登場した。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-12-13 14:51 | 音楽
<< 渚にて 白銀は招くよ >>