「ほっ」と。キャンペーン

タイガー・ロック

 ファビアンの「タイガー・ロック」が
10月のベスト・セラーズに顔を出した。
ファビアンは
チャンセラー・レコードの専属で、
このチャンセラー・レコードは
キング・レコードが短期間、
チャンセラー・レーベルのままで
発売したことがあるが、
マイナー・レーベルだったために、
ほとんどが他のレーベルを
使って発売された。
 1959年時点では
東芝がエンジェル・レーベルで
発売していた。
東芝はラジオ番組「東芝ヒット・パレード」を
持っていたが、私個人は、
特にこの番組が気に入っていた。
「タイガー・ロック」は、
他のヒット・パレードには
ほとんど登場しなかったが、
「東芝ヒット・パレード」では
ランクされた。
 「東芝ヒット・パレード」は
ヒット・パレードという
名が付いているものの、
東芝の宣伝番組であったわけで、
東芝が発売するレコードだけを
使ってのヒット・パレードだった。
同様の「S盤アワー」や
「L盤アワー」より、多少、
音楽が若者向きという感じだった。
ヒット・パレード・スタイルにすると、
毎週、ほぼ決まった感じの曲しか
かからないが、
それでも新曲の紹介もあり、
順位はリクエストによるといいながらも、
売りたいものは、
上位にしただろうということは
想像に難くない。
しかし、こうして
ベスト・セラーズに登場するとは、
効果があったといえるだろう。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-10-26 15:42 | 音楽
<< 五つの銅貨 殺し屋のテーマ >>