バリ・ハイ

 ミュージカル「南太平洋」には
「魅惑の宵」の他にも
名曲が多く、「ワンダフル・ガイ」や
「春よりも若く」、「ハッピー・トーク」など、
多くの歌手やジャズメンに
カヴァーされている。
そして「バリ・ハイ」もまた、
人気が高かった。
日本のヒット・パレードには
「魅惑の宵」とともに
「バリ・ハイ」が登場した。
「バリ・ハイ」は映画の
オリジナル・サウンド・トラックからの
シングル盤は発売されず、
映画にも出演した
舞台でのオリジナル・キャストでもあった
ワニタ・ホールが歌った
オリジナル・キャスト盤からの録音が
シングルとして発売された。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-10-22 15:59 | 音楽
<< 殺し屋のテーマ 1959年10月の出来事から  >>