パーソナリティ

 アメリカで1958年の暮れから
1959年はじめにかけて大ヒットとなり、
ついにはビルボードで1位になった
ロイド・プライスの「スタガー・リー」は、
日本でもレコードが発売されたものの、
残念ながらヒットしなかった。
「スタガー・リー」のあと、1曲を挟み、
続くヒットが、アメリカで2位まで上がった
「パーソナリティ」。
この「パーソナリティ」がこちらでも
8月にヒット・パレードに初登場した。
アメリカでのように、大ヒットにはならなかった。
[PR]
by musicsfukuoka | 2009-08-31 16:31 | 音楽
<< ジュ・ヌ・セパ 1959年8月の出来事から  >>